歯も生えておらず、歯茎でおっぱいを吸うだけの力しかない赤ちゃんにも口臭があるとご存知でしたか?うちの子だけ・・・?とママは不安に思うかもしれませんが、実は不思議なことではないんですよ。生まれたての赤ちゃんにも口臭は見られますし、赤ちゃんの口臭は珍しいことではないんですよ。なぜ赤ちゃんに口臭があるのでしょうか。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

赤ちゃんの口臭の原因をチェックしよう!

赤ちゃんの口臭の原因をチェックしてみましょう。赤ちゃんは不快な症状を泣いて現わすしか知りませんから、ママたち大人が赤ちゃんの変化に気づいてあげる必要があります。

1.乳歯や舌に残った食べ物もしくはミルク

乳歯が生えている赤ちゃんのケースでは、歯に離乳食のカスが残っていると口臭の原因になります。大人と同じく細菌が口の中で繁殖して大人と同じ嫌な臭いの口臭になります。また舌にミルクが残っていると大人の舌苔と同じ状態になり、これが原因になり口臭がします。

2.風邪や鼻炎で口の中が乾燥している

風邪や鼻炎などは赤ちゃんでもかかりやすい病気の1つです。花呼吸ができなくなり、口呼吸になると、赤ちゃんの口の中は乾いてしまいます。口の中が乾燥すると口臭の原因になります。唾液が減少し、口の中の細菌が繁殖しやすくなり口臭になります。

3.蓄膿症が原因

子供がよくかかる病気の1つに蓄膿症があります。蓄膿症は口臭と深く関わっているといわれています。蓄膿症は鼻の空洞部分に膿が溜まってしまう病気です。そこが炎症を起こしてしまい、黄色や緑色をした鼻水が出ます。放置してしまうと症状が悪化し、口臭も酷くなるといわれています。

4.便秘が原因で口臭が!?

赤ちゃんも便秘になります。ミルクやおっぱいしか飲んでいないのに、どうして便秘になるの?と思う新ママもいるかもしれませんが、赤ちゃんは力む力も弱く、1日排便できなかっただけですぐに便秘になります。便が腸に溜まり、ガスが発生し、その臭いが口臭として出てくることがあります。赤ちゃんが便秘がちだ、便秘が何日も続いていて口臭がするという場合は便秘が原因の可能性が高いですから、便秘をまずは解消してあげましょう。

5.よだれによるもの

赤ちゃんの唾液の量は大人とさほど変わりません。しかし赤ちゃんはまだうまくものを飲みこむ力を持っていませんから、唾液もうまく飲みこむことができません。ですからよだれで口の周囲をべたべたにしているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。もちろん自分で口の周りを綺麗にすることもできませんし、口臭かと思っていたら、口の周りによだれがついていて、よだれが臭っていた、というケースもあります。

赤ちゃんだって口臭はある!大人たちが気づいてあげよう!

赤ちゃんの口の臭いは本来はおっぱいやミルクの僅かなあまいにおいです。赤ちゃん独特の甘酸っぱいにおいがして、とてもよいにおいです。赤ちゃんの口臭は述べていったようにほとんどが害のないケースです。赤ちゃんの口臭を気にするより先に、口臭がどこからするのか?という点を発見するのが先決ですね。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ