空腹時に口臭が気になることがある人も多いでしょう。なぜ空腹時に口臭が起こるのでしょうか?その原因を知りたいですね。どのような対策をとれば空腹時の口臭が予防できるのでしょうか。空腹時の口臭がひどくなる前に対策を立てたいところです。今回は空腹時の口臭について原因から対策、予防法まで紹介していきます。空腹時の口臭に悩んでいる人はぜひチェックしてみましょう。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

空腹時の口臭には原因が2つあった!

空腹時に口臭がひどくなる原因は2つあります。

1.唾液の減少による口臭
2.胃から発生するガスによる口臭

この2つです。

1つ目は人間は食事を摂ると唾液の分泌が多くなります。口の中が乾燥して乾いていると、口の中の細菌が繁殖して口臭が発生しますから、唾液が減少することで口臭が起こると考えられます。空腹時は何も口に入れていませんから、唾液が少なくなっていると考えられます。

2つ目は膵臓から分泌される膵液による口臭です。膵液は食べ物を消化するための液体ですが、胃の中に食べ物が何もなければ、胃の中でガスを発生させ、それが口臭の原因になります。膵液のガスが原因の口臭の場合は対策として胃の中にものを入れることが考えられます。

空腹時の口臭の対策や予防法はあるの?

では空腹時の口臭が気になった時におすすめの対策や予防法をご紹介しましょう。

1.水を飲む

口の中が乾いて唾液が減少していることによって口臭が発せられているのですから、水分補給をして胃の中の空っぽ状態を防ぎましょう。

2.間食をする

間食をすれば胃の中に食べ物が入った状態になります。膵液がガスを発生させることがありませんから口臭対策になります。間食にはなるべく糖分が少ないものをチョイスしましょう。

3.話すこと

よく話すことは唾液腺を刺激し、唾液を分泌させることに繋がります。進んで会話に参加しましょう。すると唾液をたくさん分泌することができ、口臭予防になります。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

4.歯磨きで細菌を殺菌

口の中の細菌がガスを発生させることにより口臭が起こります。ですから口臭が起きそうな、小腹が減ってきた頃あたりに1度歯磨きで細菌を殺菌しましょう。

5.食事を摂ること

膵液が分解されガスが発生し、それが原因で口臭がしている場合は、食事を摂ることで口臭対策が可能です。胃の中に食べ物を入れてあげることにより膵液が分解されるのを抑制することができます。こんにゃくなどカロリーが控えめのものをチョイスするとよいですね。

6.ダイエットは避けること

ケトン体という物質により口臭が発生する場合があります。過度なダイエットにより、空腹を我慢している状態でいると、飢餓状態に陥った人間の体が脂肪をエネルギーに変換しようとして、その際に出る物質です。このケトン体が口臭となり臭う場合があります。無理な食事制限はやめ、ダイエットは運動で行うようにしましょう。食事は腹八分目程度に済ませておくとよいですね。

空腹時に口臭が臭いのはもうさよなら!万全の対策を立てよう!

空腹時には唾液をたくさん出すのが正解です。空腹時に限って口臭が酷いという場合は、口の中がカラカラに乾いた状態である可能性が高いです。唾液をたっぷり分泌させて、細菌の繁殖を抑えることが口臭予防に繋がります。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ