モンダミン化粧品タイプ

モンダミン化粧品タイプは口臭へどのような効果をもたらすのでしょうか。口臭は口の中の細菌が作るガスが原因であることが多いです。根本的に改善解決するのなら、細菌の活動を抑制する、臭いの成分を分解することが必要です。
モンダミン化粧品タイプは元から口臭を断ち切るのではなく、マスキング作用があるといわれています。マスキングとは何のことでしょうか?マスキングはある臭いを他の臭いで覆い隠すことです。日本人は体臭がそれほど強くありませんが、白人などは体臭が強いため、香水で体臭を隠しています。それと同じで、ミントなど清涼感のある香りで口の中の臭いを隠す効果を持っています。
効果は一時的なものですから、人と会う前などに使うとよいでしょう。ただし個人差もあり、口臭がきつい場合や独特な口臭の場合は香料と混じって逆に口臭が強くなる恐れもあります。

モンダミン医薬部外品タイプ

医薬部外品のモンダミンは3種類ありますが、どれも薬事法で効果が期待できると認められている有効成分が配合されています。口の中の細菌を殺菌することは口臭予防に繋がります。
ただ、これらの効果はそれほど強いものではなく、口腔内の細菌を全て殺菌する効果を見込むことはできません。殺菌成分の濃度も関係していますが、口の中の唾液により殺菌成分が薄まるからです。医薬部外品は効果が緩やかに現れるように作られており、薬のように即効性のあるものではありません。ですから継続する必要があります。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら

>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

歯周病に対する効果

医薬部外品タイプのモンダミンには歯周病を抑制する、出血や歯茎の腫れなどを抑える効果が見られます。ただこちらも根本的な解決には至りません。歯周病は歯周病菌に感染し、歯周ポケットを作っていく病気です。この時に最近は歯垢の中にいます。最近の塊の歯垢は歯ブラシや歯間ブラシなどで丁寧に取らねばなりません。マウスウォッシュだけでは歯垢の奥まで届きませんから、モンダミンだけでは歯周病による口臭を抑制することは難しいでしょう。
やはり歯磨きで歯垢を除去し、マウスウォッシュは補助的な役割として使うのが一般的といえます。

モンダミン化粧品タイプは一時的な効果あり・医薬品は継続が必要!

モンダミンだけでは口臭予防への効果は一時的なことがわかりました。口臭を予防するためにはモンダミンだけでは足りず、しっかり歯磨きをして歯垢を除去し、口の中の細菌を殺菌する必要がありますね。モンダミンは歯磨き後に使う、人と会う前に一時的に使うなどすると効果はありますが、もともと口臭が強い人がモンダミンを使うと余計口臭がきつくなる可能性もあるため、日頃から口臭には気を付けておきたいところです。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら

>>口臭サプリ イニオの公式HPへ