内臓が悪いと口臭が強くなるといいます。それは本当なのでしょうか。それを調べるには病院で検査を受ける必要がありますが、口臭で内臓が悪いとなると何科にかかればよいのでしょう。口臭専用のサプリメントで治らない場合は、やはり内臓に疾患があると見て良いのでしょうか。今回は口臭と内臓の関係についてご紹介します。
人気の口臭サプリで体内からさわやかに
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

口臭は内臓が弱っていると起こりやすい

口臭は虫歯や歯周病が主な原因だといわれていますが、口腔内に特に異常がないのに口臭が強い場合は内臓疾患を疑うべきです。では口臭はどんな内臓が弱っていれば起こるのでしょうか。

胃腸の活動が弱っている

消化器系の内臓が弱っている場合、口臭が卵が腐ったような臭いになります。その原因は硫化水素です。消化器官が弱まると消化が上手く行われず消化吸収する前に食べ物が発酵してしまいます。この発酵時に出るガスが硫化水素です。腸内で硫化水素が発生し、腸壁から血液に乗って肺へ運ばれ、息に混じった硫化水素が口臭の原因になります。

肝臓が弱っている

肝臓は沈黙の臓器ともいわれ、多少の疾患があっても症状が出ません。肝臓は解毒作用がある臓器ですが、肝臓の働きが悪くなると口臭が発生します。

・アンモニア臭

肝臓の働きが弱まると人体に有害なアンモニアを処理できず、肺まで運ばれ口臭がアンモニア臭になります。ただ、肝臓のアンモニアの分解度は高く、口臭からアンモニア臭がする場合は大変危険な状態であると見てよいでしょう。

糖尿病で内臓が弱っている場合

糖尿病は細胞が糖をエネルギーとして活用できなくなる病気ですから、細胞は脂肪を分解してエネルギーにします。その際に発生するのがケトン体というものです。このケトン体は酸っぱい臭いをしており、口臭の原因になります。さらに糖尿病になると口が乾くドライマウスになり、口の中の細菌も増殖し、歯周病になりやすくなります。

人気の口臭サプリで体内からさわやかに
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

癌の疑い

癌にも口臭に特有の臭いがあるといいます。胃がんの場合は卵の腐ったような臭いがしますが、この臭いは胃腸が弱っている場合も起こりますから、必ずしも癌とは限りません。

病院へ行くには何科へ行くの?

口臭の原因はほぼ口腔内にありますから、口の中をまずは調べるのが一般的です。そのため、次の病院へ受診しましょう。

・歯科

最も最初に受診したいのが歯科でしょう。口臭の原因は歯周病もしくは虫歯が全体の90%を占めている、と日本臨床歯周病学会から発表されています。

・口臭外来

歯周病もしくは虫歯が原因でない口臭の場合、総合病院などにある口臭外来へ行きましょう。ここでは唾液検査や口臭測定器、尿検査などで口臭の原因を突き止めることができます。

口の中に異常がなかったら何科へ行くの?

口の中に何も問題がなければ、病的な原因による口臭を疑いましょう。そのため次の科を受診します。

・耳鼻咽喉科

蓄膿症や扁桃腺などが見られると、膿の臭いや肉が腐ったかのような臭いが口臭として現れますが、改善が見られると口臭も改善します。

・内科

アンモニア臭などの口臭が見られる場合は内科を受診しましょう。肝機能や腎機能が低下している可能性があります。

・内分泌科

酸っぱいリンゴのような臭いの口臭の場合は内分泌科を受診しましょう。糖尿病が原因の可能性があります。

自分に合った科を選んで受診を!

口臭の症状によっては、病気が発見され、その病気の治療期間が長くなることも多々あります。しかし口臭が病気のサインの可能性がありますから、内臓疾患も見逃さず、口臭が気になる人は病院を受診しましょう。
人気の口臭サプリで体内からさわやかに
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ