寝起きに口の中が粘ついて息が臭いと感じることがある人は大勢います。しかしその原因を知っている人は僅かでしょう。いったいなぜ寝起きに息は臭くなるのでしょうか?原因は3つあります。原因と対策について調べてみましょう。おすすめのサプリメントもありますから、あわせてみていきましょう。

>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

原因その1食後8時間以上経ち、口の中の細菌が増えるため

口腔内の細菌は食事をしてから3時間後から増え始め、8時間後に最大量に達します。起きている間は唾液の分泌や歯磨きによって細菌は抑制されていますが、眠っていると唾液の分泌も減り細菌が増え、起きた時に最も細菌が増えた状態になっているため口臭が起こります。

唾液の分泌が減り細菌や汚れが洗い流されない

口腔内は唾液の分泌により細菌や汚れを洗い流しています。しかし眠っている間は唾液の分泌が減るため、口腔内の殺菌作用がなくなり、細菌が増えて寝起きの息が臭いという現象が起きます。

唾液の流れが悪くなる

眠っていると口の動きが弱くなるため、唾液の流れが悪くなります。口を動かさなければ唾液は口の中を流れず粘つき、口臭のもととなります。

対策について

ではこれらの寝起きの息が臭い原因の眠っている間の口腔内対策としてできることとは何があるでしょうか。

・ 就寝前の歯磨きを徹底すること
・ 舌の苔、舌苔を綺麗に磨くこと
・ 多少多めに水分摂取しておき唾液のもとにすること
・ アルコールの摂取を避けること

以上があげられます。

おすすめサプリメントについて

いくら口臭対策をしても寝起きの息が臭くて口臭を治すことができない、いつも口臭を確認してしまうという人には口臭サプリがおすすめです。中でも最近販売されたばかりのイニオという口臭サプリは、まさに口の中の細菌のバランスをコントロールするサプリメントですから、眠っている間も口の中にアプローチしてくれます。

医薬品ではありませんから続ける必要はありますが、口コミなどでも評判の良いサプリがイニオです。定期コースが大変お得な口臭サプリで、初回500円から始めることができ、継続の縛りもありませんから、このようなインターネット通販でのサプリメント購入が初めてだ、という人にも安心して続けられます。
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ