口臭対策に歯間ブラシが効果的だといわれていますが、本当でしょうか。歯間ブラシを使ったら口臭が治ったという人もいます。歯間ブラシはどう使えばよいのでしょうか。使い方が悪ければ出血する可能性もありますから、注意が必要です。ただ、歯間ブラシは歯と歯の間をしっかり磨くことができるため、歯垢による口臭を予防できます。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

歯ブラシだけでは歯をしっかりみがけていない!

実はしっかり歯磨きをしていると思っていても、歯ブラシだけではしっかり歯磨きができていないんですよ。歯ブラシでしっかり歯磨きをしても、汚れのおよそ60%程度しか掃除はできていません。
歯間ブラシを使えば、歯ブラシと併用することによりおよそ85%も口の中の汚れが取れるんですよ。歯ブラシだけでは綺麗に歯を磨けていない、口の中の汚れが取り切れていないことがわかります。

歯間ブラシの口臭対策について

口臭はほとんどが口の中の細菌によって発生します。口の中に原因がある口臭は、口の中を綺麗に掃除する、もしくは口の中の細菌を減らすことが第1です。
口の中を綺麗に掃除し、細菌を減らすには歯磨きが最も有効です。しかし歯磨きで歯ブラシと歯間ブラシを併用することで口の中の細菌除去率を大幅アップすることに繋がります。ですから口臭対策にも大きく貢献してくれるのが歯間ブラシなんですよ。また口臭の原因の細菌や食べかすは歯間ブラシでなければ届かない場所に溜まりやすく、口臭対策に歯間ブラシを使うことは重要です。

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシは歯と歯のつけ根部分に挿入し、数回歯茎を傷つけない程度にゆっくり撫でながら前後に動かして使用します。使い始めは出血が見られることもありますが、歯茎が炎症を起こしている可能性が高いです。毎日歯間ブラシで歯茎の掃除をしていると、出血も治まります。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ

歯間ブラシの選び方

歯間ブラシは形とサイズで選びましょう。自分の歯の隙間にあったサイズの歯間ブラシを選ぶことが大切です。歯間ブラシはメーカーによって大きさが異なりますから、自分の歯間より小さければ効果は薄いですし、大きければ歯茎を傷つけますから注意しましょう。
形は2種類あります。
・I型
・L型
です。アルファベットの文字のとおりI型はまっすぐの形状をしており、L型はL型の形状をしています。磨きやすさはL型なので、歯間ブラシが初心者だという人はL型を選ぶとよいでしょう。ただ、価格が高いのはL型ですが、奥までしっかり磨けるのもL型です。

■歯間ブラシを使って口臭対策をしよう■

歯間ブラシで歯と歯の間の汚れや歯垢を綺麗に取り去れば、口の中に問題がある口臭の場合かなり口臭は改善されます。歯垢の中に細菌は多く繁殖しており、臭いのきついガスを発生させているため、口の中のねばつきの原因になったり、口臭の原因になっています。歯間ブラシをうまく使えば、口臭対策になりますよ。まだ使ったことのない人は始めてみましょう。

人気の口臭サプリ!売り上げNo.1はこちら
>>口臭サプリ イニオの公式HPへ